アトピー性皮膚炎の解消

皮膚炎の解消 親がアトピーの場合、遺伝的に子供もアトピーになる可能性はあります。
先天的なものも原因の一つとされていますが、ダニやほこり、食べ物など後天的な環境的要因で発症することも多くあります。
アトピーはひどくなると激しいかゆみを伴い、皮膚をひっかくことで更に肌へのダメージが増え、状態が悪化することがよくあります。ダニやほこり対策としては、住みつきにくいカーペットやじゅうたんを避けたり、細目に掃除するなどである程度防ぐことができます。
普段の食事もバランスのとれた食事を意識することで、悪化をある程度抑制することができます。
非常に辛いアトピーではありますが、ここ最近の研究で、かゆみが脊髄の特定の細胞が活性化して引き起こされていることが明らかになってきており、辛いかゆみに耐えてきた患者さんにとって明るい話題が発表されました。
これまでの薬は炎症を抑える効果はあっても、かゆみを直接抑えるものがなかったようですが、今回の研究でかゆみのメカニズムが解明されたことで、辛いかゆみから解放される製品の開発が期待できます。かゆみを抑えることができれば、肌をひっかくこともなくなるので状態が悪化する事を防ぐことができます。
新薬が出るまでに十数年はかかりますが、長年患ってきた方にとっては希望の持てる朗報と言えるのではないでしょうか。

アトピーの自分でできる対策

アトピー性皮膚炎とは、かゆみや湿疹などが全身に症状が出るのが特徴の皮膚の炎症性疾患です。
ストレスや環境、食生活の乱れなどの要因によって肌のバリア機能が低下したり、免疫力が下がったりすることによって引き起こされます。アレルギー体質の人がなりやすく、酷い場合には入院する必要も出てくる病気です。
アトピーは軽度である場合には、自分で対策していくことができます。
対策方法としては、肌のバリアを傷つける刺激を減らして、バリア機能の低下を防ぐためにしっかりとしたスキンケアを行なっていくことが有効となります。炎症を起こしてしまうのは常在菌である黄色ブドウ球菌のため、体を洗って清潔にした後は化粧水や乳液、クリームなどで肌の乾燥を防ぐことが大切です。
また、免疫力を低下させないためにもストレスを溜めないように工夫をし、食生活の乱れや生活を改善していくことが対策へと繋がります。
症状が起こりかゆみなどが引き起こされた場合には、冷たい水で皮膚を洗ってかゆみを抑えてから薬を塗る、なるべく室温を一定にキープし、爪は短く丸く整えておいてかいても肌にダメージを与えないようにしておきます。
また、肌への刺激が少ない素材の服を着るなどもおすすめです。